メモワールグループの慶弔行事

法要(仏式)

イメージ:忌日法要

仏教ではご逝去の日を1日目と数えて、死後7日目から7日ごとに7回の法要を行ないます。これは、死者が閻魔大王をはじめとする十王から7日ごとに裁きを受け、49日目で来世の生まれ先が決まるとされていることによります。

イメージ:四十九日法要

七七日(なななのか)は四十九日とも呼ばれます。来世の生まれ先が決まる四十九日法要は、忌日法要の中でもっとも重要とされるもの。一般的に四十九日までが忌中となり、四十九日法要をもって忌明けとします。

イメージ:年忌法要

ご逝去の翌年に行なわれる「一周忌」をはじめ、年単位で行なわれる法要。亡くなった月日(祥月命日)に営まれます。極楽浄土に行った故人の霊が完全に清浄され、仏の世界に落ち着かれることを願うための法要です。

イメージ:七回忌法要

ご逝去してから満6年の法要。七回忌以降は近親者のみで小規模に営まれるようになり、十三回忌以降は遺族のみというのが一般的です。三十三回忌(まれに五十回忌)で年忌終了は終わり、弔い上げとして盛大に営まれます。

イメージ:七回忌法要2