メモワールグループの慶弔行事

法要(キリスト教-カトリック)

追悼ミサ

キリスト教の場合、仏式の法要にあたるものを、カトリックでは追悼ミサといいます。召天日(故人の死亡した日)から、三日目、七日目、三十日目に教会で、神父を始め親族や知人・友人を招いて追悼ミサが行われます。

三日目、七日目、三十日目

親族や知人・友人を招いて教会で追悼ミサが行われます。

万霊節(ばんれいせつ)(オールソールズデイズ)

カトリックでは、毎年11月2日を「死者の日」と定め、教会に集まり死者のための特別ミサ が行われます。この日や文化の日などに墓地の掃除をして、墓前に花を捧げお参りします。

イメージ:万霊節

死者祈念ミサ

一年目、十年目、二十年目

召天日から1年目の命日は盛大に追悼ミサが行われます。追悼ミサでは、聖歌の斉唱、祈祷、聖書の朗読などが行われます。ミサの後は、教会の別室や自宅で、茶話会など開かれることも多いようです。