メモワールグループの慶弔行事

法要(神式)

斎日(いみび)

霊祭(みたままつり)を行う日を斎日(いみび)と言い、帰幽(故人の死亡した日)から十日ごとに行います。最近では二十日祭と四十日祭は省略される事が多いようですが十日祭、三十日祭、五十日祭は必ず行われます。

十日祭…10日目

仏式法要でいう初七日。親族、知人を招き、神職による祭儀を行います。

二十日祭…20日目

最近では省略されます。

三十日祭…30日目

仏式法要の三十五日。

四十日祭…40日目

最近では省略されます。

五十日祭

仏式法要の四十九日。忌明けとされます。「清祓い(きよはらい)の儀」の後に霊璽(れいじ)を御霊舎(みたまや)に移してまつる合祀祭(ごうしさい)も併せて行うことが多いようです。

イメージ:五十日祭

百日祭

帰幽から百日目に行われます。

イメージ:百日祭

式年祭

一年祭…1年目、三年祭…3年目、五年祭…5年目、十年祭…10年目、二十年祭…20年目、三十年祭…30年目、四十年祭…40年目、五十年祭…50年目、百年祭…100年目

故人の祥月命日に行う儀式で、仏式の年忌法要にあたります。一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と続きますが、一般に行事が行われるのは、五十年祭まで。特に一、三、五、十年祭は盛大に。
式年祭の流れは、清祓(きよはらい)→献饌(けんせん)→祝詞奏上→玉串奉奠と進行します。その後は、仏式のお斎(とき)と同様に出席者に会食でおもてなしを。

※清祓(きよはらい)→五十日祭を終え家中を祓いして、神棚のおまつりを再開します。
※献饌(けんせん)→饌とは、供物のことで、米、酒、塩、水餅、卵、魚、乾物、野菜、果物、菓子など